塗り屋(1965 289cu.in)

Forza Motorsport関連の内容で、 twitterでは文字数制限を越えるもののまとめ+ヲタネタ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

「終奏のオーグメント」レビュー(ネタバレは極力回避)

2013-04-24 Wed 18:13:12

 さて、地雷ソフトの最新作、「終奏のオーグメント」をクリアしました。正確にはCG差分の回収がまだ終わってないんですが、その辺はエロゲお馴染みの「中/外」の差分なので、回想で回収できるので、実質クリアと言っていいはずです。多分。

 しかし、レビューと言っても、この作品の発売からまだ1週間も経っていません。幾らミドルプライスのボリューム抑え目の作品とは言え、あまりネタバレになるレビューはマズいと判断し、極力ネタバレ要素を省いたレビューとしていきましょう。

 まずは、前作メインヒロイン三人のアフターストーリー。基本的に起承転結は用意されているものの、アフターストーリーと言うだけあって、前作のシナリオの軽いおさらいとその後の「バカップルっぷり」を堪能できるシナリオとなっています。特に「梅川 誌帆」のルートはメインヒロインらしく、一番纏まっていた感じでしょうか。「裾野辺 菜美」のルートは前作のおさらい+ショートシナリオとして形が出来ている感じで、アフターストーリーと言うより一本の短いシナリオと言う感じで楽しめました。

 しかし、今回の本編(?)は「河嶋 蓉子」と「裾野辺 美波」の「お姉ちゃんズ」のシナリオ。片や実の姉妹、片や教師と生徒。この禁断の関係が絡んでくるシリアスなシナリオ……なんですが、きちんとハッピーエンドで纏めてくれます。クレイジー妹ラブ暴走教師(勝手に命名)の裾野辺 美波のルートは他のヒロインのルート(例:終奏のオーグメント/陣 紗月アフター)で見られるダメ人間振りとは異なり、大人の女性でありつつ、デレとウブっぽさが絶妙に混ざった可愛い女性として描かれてます。他のルートだとダメな大人ですが。色々と。
 こちらの二人にもアフターストーリーがきちんと用意されており、他のヒロインと変わらない扱いで最後まで物語を堪能できます。

 それ以外のルートとなりますと、ツッコミ王子こと「小林 慶太」のルート。このルートは短いヒロインのルートを3パターン楽しめるんですが、ルート次第では「これもっと続き読ませろよ!!」とか「立ち絵見せろよ!!」とか言いたくなるほど、オマケルートとしての短いシナリオながら、起承転結が綺麗に纏まったシナリオになっております。重ね重ね残念なのは、このルートでのヒロイン3人=本編でのサブキャラの扱いなので、立ち絵も顔などが分かるCGも用意されていないこと。残念。なお、アフターストーリーはありません。

 FDのFDとかダメですか地雷ソフトさん。ダメですか。

 そして、まさかまさかの死神「オーグメント」のルート。このルートに関しては公式が電子マニュアルで「ルートがある」と書いているので書いてもさほど問題ではないでしょう。パッケージにもCGありますし。なお、このルートは真面目なルートだとか、「パッケージの謎の金髪少女がオーグメントたんの正体なんだな!ハァハァ!」とか思ってると肩透かしと言うか爆笑を食らいます。エロいシーンなのに笑いっぱなしです。

 地雷ソフトはクレイジーだ。

 ここで少し攻略情報を挟みますと

・梅川 誌帆アフター
・陣 紗月アフター
・裾野辺 菜美アフター
・河嶋 蓉子専用ルート→攻略で河嶋 蓉子アフター解放
・裾野辺 美波専用ルート→攻略で小林 慶太ルート解放
・小林 慶太ルート→(シナリオ内)全ルート攻略で裾野辺 美波アフター開放
・上記全シナリオ攻略→オーグメント専用ルート開放


 となるわけです。そして、オーグメント専用ルートをクリアすると、「?」の謎のルートが開放されます。このルートは一見すると「?」とプレイヤーも思う突然の展開なのですが、タイトルの「終奏のオーグメント」に相応しい、前作、そして今作の「終」を飾るに相応しいシナリオとなっています。このルートに関しては本当にネタバレになってしまうので、何も語らない方向で。

 総評としますと、実は自分はこういうミドルプライスのFDって初めてだったりします。なので、この評価は正しいのかどうか分かりません。ですが、値段を考えると十二分な出来なのではなかったかな、と思います。綺麗に終わっていますし、パッケージには「笑いあり、笑いあり」と書いていますが、実際は笑いだけではなく、切ないシーンはきちんと切なく押さえており、プレイし終えた後の独特の感傷は中々クるものがありました。

 この作品のマニュアルでは「出資が打ち切られた」なんてブラックな自虐を見ることが出来ますが、前作、そして今作だけで終わらせるには地雷ソフトと言うブランドは惜しいです。前作の出来事を丁寧に説明してくれますので、ぶっちゃけ前作未プレイでも楽しめるこの作品。ある意味お値段的には導入にあえてこっちを選んでもいいんじゃないか(ダメ)と思えるこの作品。ブランド設立当初はイロモノ的目線で見ていた地雷ソフトですが、プレイし終えた今では、「このブランドがこのまま潰えるのは惜しい」と心より感じています。
 なので、このレビューとか他のサイトさんのレビューとか、公式サイトの情報とか、色々見た上で、興味が出たら是非手にとって見て欲しい。そんな作品ですね。

 ああ、でも「貧乏揺すりメルトダウン!!」と言う作品は存在しないのでそこは間違えないように。
 我ながらなんと言う〆。ギャフン。

「「終奏のオーグメント」レビュー(ネタバレは極力回避)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ミライセカイのプラネッタ 再び発売延期 (2012/12/12)
「めぐる季節の約束と、つないだその手のぬくもりと」再び発売延期 (2013/07/20)
すみっこソフト第6作、「なつくもゆるる」公式サイト公開! (2012/12/21)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら