塗り屋(1965 289cu.in)

Forza Motorsport関連の内容で、 twitterでは文字数制限を越えるもののまとめ+ヲタネタ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

「テケテケ(2009年)」視聴完了。

2013-02-03 Sun 22:54:38

 さて、皆さんは都市伝説、「テケテケ(『てけてけ』表記も有り)」をご存知でしょうか。恐らくは口裂け女、トイレの花子さんに次ぐバリエーションを持つ怪異の一つでしょう。最も有名なパターンの話としては、「冬の駅で女子高生が鉄道に轢かれ、上半身と下半身が分断された状態で生存してしまい、駅員に向かって上半身だけで移動し、それを見た駅員は発狂してしまった」と言う物でしょうか。

 有名な都市伝説だけあり、各数の創作で時としては主人公の味方、あるいは回避不可能の死神のような怪異として描かれる事もある、都市伝説界の四番打者とも言える存在でしょう。……個人的には某ゲームでの「尻に目と足が生え、やたら逃げ足が速い別の意味で恐怖の象徴」であるアレが思いつくんですが。あのゲームは難易度的にトラウマ。

 ……少し脱線しました。今回見た映画は邦画ホラー、それもこの「テケテケ」を主題にした映画、「テケテケ」です。しかし、この映画のテケテケは映画オリジナルのアレンジとでも言いましょうか。同じく有名な怪異である、「カシマレイコ」とミックスされ、さらに「リング」の貞子のようなタイムリミットが設定され、なおかつ異常な身体能力を持つ、オリジナル、もしくはそれに近い設定の「テケテケ」を知る者からすると「?」の付く設定となっております。

 しかし、この独自の設定によりテケテケの行動にある程度の法則性を持たせ、そしてタイムリミット内で解決せねばならないと言うホラー性を生み出すことに成功しており、またそのテケテケ役の役者さんの特殊メイク、そしてCGが邦画としては素晴らしく、案外侮れない作品となっています。

 ですが、いくつか残念な点も。まず、テケテケ=カシマレイコとしてしまったことにより、カシマレイコの対抗策=「呪文」を唱えない限り不死・不可避の存在としておきながら、この映画(「テケテケ」)では主要な人物がその設定に気付かない事。これは続編の「テケテケ2」で活かされる設定なのですが、一作で完結すべきでは?と若干疑問符を抱きました。そして、(恐らくはこれも「テケテケ2」で明かされるのでしょうが)テケテケの動機が不明確。「慰霊碑を破壊された事による祟り」なのかと思いきや、慰霊碑を修復しても生存している辺りは説明が一切なく、それがこの怪異の恐怖性とラストでのどんでん返しに繋がるのでしょうが、視聴者としては若干理不尽さを感じる点も。尤も、理不尽さが和製ホラーの特徴ではあるのですが……。
 そして次に、人間関係や地理関係の説明不足。冒頭の事件を名古屋で起こしておき、名古屋が舞台なのかと思ったら、次のシーンでは東京に、そして次のシーンでは兵庫にと舞台がポンポン飛ぶ。そして、「お姉ちゃん」と呼び、実姉のように思わせながら、死後に「従姉」だと明かされる。この辺は視聴者が混乱するので明確に説明して欲しかったですね。
 また、これが最大の問題点。肝心のテケテケの描写。「テケテケ」と言う怪異は、下半身を失った女性が膝だけで「てけてけ」と音を立てて歩くから「テケテケ」なのですが、この映画のテケテケは走る、ジャンプする、そしてジャンプから一切の武器を持たずに体を切り裂くとアクション三昧。そしてまた、終盤の終盤まで只管シルエットでのみ存在され、テケテケの顔すらよく分からない。勿論、それが恐怖を増徴させるのだという意見もございましょう。ですが、流石に引っ張りすぎです。結局メイキングで見るまでテケテケ役の役者さんのメイクちゃんと見れませんでしたもん。

 さて、ここまで読んで勘の良い方ならお気づきでしょう。間違った生態・やったら死ぬ人物・スプラッタ描写……。

こいつは和製「プテラノドン」だ!!

 自分にとって、「プテラノドンと同じである」と言うのは最大限の褒め言葉。つまりはこの映画、「適度にツッコミを入れつつ、わーぎゃー言いながらスプラッタを楽しむ」そう言った目的だと中々にお勧めの映画です。ただし、和製ホラー特有の「這い寄る様な恐怖」を味わいたい方にはお勧めできかねます。和製でありながら、欧州ホラーのような馬鹿馬鹿しさを持ち合わせた快作。それがこの映画、「テケテケ」です。

 あ、でも「テケテケの怖い映画見たいんじゃー」って人は別の映画探しましょう。「ショーン・オブ・ザ・デッド」を見て「ゾンビによる世界の終末感が足りない」と言うようなものですから。

「「テケテケ(2009年)」視聴完了。」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
赤ちゃん泥棒(ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン)視聴終了 (2012/11/07)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら