塗り屋(1965 289cu.in)

Forza Motorsport関連の内容で、 twitterでは文字数制限を越えるもののまとめ+ヲタネタ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

ギャングスタ・リパブリカ 作品ページ公開

2012-09-28 Fri 12:40:04

ソース:WHITESOFT公式(http://white-soft.jp/

 もうかれこれ何度目か、もはや覚えていないほどですが、当ブログはForza Motorsport/Forza Horizon関係のニュースまとめブログではなくForza Motorsport/Forza Horizonの話題+ヲタネタの個人ブログですので、その気になれば1ヶ月間ロジャー・コーマン御大の映画だけと言った更新内容でも別にかまわないわけです。やりませんが。

 そんなわけで、面白そうならプッシュする、気になったら紹介すると言うのが割とこのブログ内でのPCゲーム(美少女ゲーム)の扱いですので、特にブランドや作風によって、ここは紹介するとかしないとか、そういったものはありません。ただ、中の人が「だんでらいおん最高すみっこ最高rootnuko最高松乃かねるは最高の原画家!笛さん早くエロゲー業界に帰ってきてください」ってくらいには特定のブランドや原画家に対して思い入れと言うか、ぶっちゃけ贔屓している節はあるので、その辺はちょっとお目こぼしいただけたらな、とは思います。
 ただ、贔屓のブランドを持ち上げる事はあっても、その為に他ブランドを貶すとかは絶対にしませんので、そこだけはご安心を。

 さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回はそんな「気になった作品を紹介しよう」と言うお話です。
 その気になった作品と言いますのが、「猫撫ディストーション」等で有名なWHITESOFTの最新作、「ギャングスタ・リパブリカ」です。もうこれ、タイトルだけでやられましたね。ギャングスタですよギャングスタ。ハイドロ組んだインパラ転がしてドライブバイ!もしくは「カマっぽいスポイラー」を生やしたシビックからドライブバイ!まさにアメリカンな悪ガキのイメージ。や、ドライブバイは洒落ならないですが。はい。
 そういった偏ったギャング観はまあ頭の隅っこにでも捨てておいて、ぶっちゃけタイトルで目を惹かれたというのが今回紹介することになったきっかけです。
 入院生活中に見つけた情報なので、公式サイトはガラケー()からでは見れず、ストーリーもこう、ハードでファッキンでドンパチとカーチェイスとドライブバイ溢れるデンジャラスなのを想像してました。
 が、退院して公式サイトを確認してみると、学園を舞台に、「―邪悪であれ」をスローガンに活動を続ける、「ギャング部」の面々の日々を描いた作品だと分かり、「まあ、流石に本家ギャングスタをエロゲにはしないわなあ」と一人納得した次第でありまして。

 じゃあそれでガッカリしたのか?と言われるとそうでもなく、むしろストーリーやキャラクター紹介などを見て惹かれ、「ドンパチとカーチェイスとドライブバイはないけど面白そうじゃん!」と紹介に至ったわけです。
 「ギャング部」と言う個性的な部活動、「邪悪」と言う割には良い意味で子供じみた主人公達の悪事。そしてやはり、魅力的なキャラクター達。
 まだ公式サイトが公開されたばかりで情報が少ないこの作品ですが、当ブログではこの作品をプッシュしていこうと思いますので、作品共々宜しくお願いします。


 ……ロジャー・コーマン御大は大衆娯楽としての映画を撮らせたら天才だったんですよ。

「ギャングスタ・リパブリカ 作品ページ公開」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
「はるまで、くるる。」 ハロウィン限定壁紙公開! (2012/10/12)
【速報】「ミライセカイのプラネッタ」体験版その2製作決定! (2013/02/21)
流星のアーカディア 発売まであと1日+カウントダウンボイス更新! (2012/10/25)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら