塗り屋(1965 289cu.in)

Forza Motorsport関連の内容で、 twitterでは文字数制限を越えるもののまとめ+ヲタネタ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

流星のアーカディア 体験版配信開始!

2012-09-01 Sat 12:30:00

 ソース:だんでらいおん公式Twitter(@raizou_dlion)/だんでらいおん公式Webサイト
 https://twitter.com/raizou_dlion/status/241561152017006592
 http://d-lion.net/main.html

 以前も閃乱カグラBurstの記事で書きましたが、当ブログはForza Motorsport総合ニュースまとめブログなんかではなく、Forza Motorsport/Forza Horizon関連の話題+ヲタネタの個人ブログですので、Forza以外の話題も扱います。

 そして過去のペイントの例(http://8l4ck5un5h1n3.dtiblog.com/blog-entry-68.html)からも分かるように、PCゲームブランド「だんでらいおん」の狂信的な信者です。ですからそんなわけで、今回の目出度いニュースは是非記事にしよう、否、是が非でも記事にしなければならない!……と言うわけで、体験版配信のお知らせ+プレイしてみた感想です。


 まず、ゲーム自体の全体的な雰囲気としては、同ブランドの処女作「そらふね」を想像していただけると分かりやすいかもしれません。どこかSF的で、登場人物が不思議な力を持っていたりする世界。そして基本的には明るいドタバタ。ただし、「愛と勇気と馬鹿とトラブルが詰まった青春冒険譚」だったそらふねとは違い、流星のアーカディアでは、世界観を含めてややシリアス寄りですが。
 
 次に、システム周り。旧作と比べるとメッセージウィンドウ、メニューウィンドウ共にサイズがやや小さくなっています。そのため、若干台詞が読みにくいかな、とは感じました。
 ですが、シンプルながら全体的に洗練された印象で使いやすく、「絵やシナリオがよくてもシステム的に……」な印象が強かった旧だんでらいおんの頃とは違い、システム面でもいい感じになっています。

 演出面等に関しては、キャラクターのカットイン等を多用し、バトル物らしい雰囲気作りに大きく貢献しています。男女問わず、結構このカットインが格好いいですよ。

 肝心のキャラクターについてですが、そりゃもう全員可愛いとしか。
 体験版では冒頭からいづみ嬢に(勘違いの結果)命を狙われる羽目になるのですが、そこからの一方的な思い込みによるいづみ嬢の勘違い暴走っぷりが可愛いです。勿論、「聴講星」として振舞っている時の無愛想な姿も。そして「腐れ縁」ことさとり嬢もちゃきちゃき、サバサバした江戸っ子と言った印象で、好きになる事はあっても嫌いにはなれないタイプのキャラクターです。
 また、公式HPのキャラ紹介時と体験版プレイ後で印象が大きく変わったのが、「苦学星」こと木下智慧葉嬢。最初はこう、なんか「ちょっと銭に五月蝿いタイプの厄介なキャラかな?」なんてネガティブな印象を持っていたのですが、実際に体験版で出会ってみると、予想以上の可愛さでした。そりゃ、銭に五月蝿いところはあるのですが、それもまた許せるレベル。そしてそういったネガティブな印象を払いのけるほどの面倒見の良さ。「銭に五月蝿い+関西弁」と言ったところからつい「そらふね」のサブキャラクター「モトコ」を連想してしまいがちですが、それとはまた違った、どこか母性的な面もあるとてもいいキャラクターになっています。個人的ダークホースですね。
 龍造寺小鞠嬢については、ある程度公式のキャラ紹介の印象通り、と言ったところでしょうか。真面目で堅物、そしてそれ故に時々とんでもないハプニングに巻き込まれる。いいキャラなんですが、どこか貧乏くじ担当……と言った印象です。少し可愛そうな言い方ですが……。
 草薙天乃嬢に関してはほとんど出番が無かったので、残念ながら感想は割愛。副会長に「モノ」扱いされる程度でしか出てこなかったので、本編ではどのように活躍するのか、そこに期待です。
 
 ここからは若干サブ(?)寄りになりますが、まずは立華倭都嬢。冒頭から「紳士っぷり」を見せ付けてくれる彼……もとい彼女は、主人公の友人として、中々にいいキャラクターをしています。公式のギャラリーでは彼女とのHシーンも公開されていますが、ガチでこのキャラのルートをガチガチに作りこんでくれと願わずにはいられません。
 そして大トリは「女王様」こと島津紅緒様。……一言で言うと怖い。
 女王の名は伊達ではなく、体験版中〜終盤での僅かな登場ながら、その威圧的なオーラを発揮しておりました。公式のギャラリーでは同じく彼女とのHシーンもありますが……流石に彼女のルートは恐ろしくて要望など出せません。恐ろしいです。紅緒様。

 なお、体験版の範囲だけでも他にも数人、男女含めたサブキャラクターが出てきますが、ゲスな副会長以外はどれもいいキャラクターをしています。そういった意味でも、どこか「そらふね」に近いと言えるのではないでしょうか。

 さて、そんな感じでだんでらいおん愛が暴走し、やったら長文になってしまった今回の記事ですが、とりあえずは体験版を実際にプレイしてみて判断していただくのが一番だと考えています。結局はこの記事も、「そらふね」時代からずっとだんでらいおんの尻を追いかけている狂信者の目線で書いているわけですから、痘痕も笑窪、マイナス面等を上手く書けているかと聞かれれば、決してそうだとは言えません。むしろ、信者の目だからこそ見えない欠点も多いでしょう。
 体験版自体のボリュームはスキップ無しで大よそ30〜45分程度。そう長時間プレイするわけでもありませんし、ここは是非、実際に自分の手で触れ、目で確認し、面白い作品かどうかを判断していただきたいところです。

 なお、発売日は9/28(予定)。店舗特典としての書き下ろしイラストも多いので、予約をするならお早めに……。

「流星のアーカディア 体験版配信開始!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
流星のアーカディア 体験版第二弾配信開始! (2012/09/29)
「めぐる季節の約束と、つないだその手のぬくもりと」体験版公開! (2013/09/04)
先は長い (2012/11/16)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら