塗り屋(1965 289cu.in)

Forza Motorsport関連の内容で、 twitterでは文字数制限を越えるもののまとめ+ヲタネタ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Going to Tokushima act.1

2012-11-30 Fri 23:03:46



 徳島市内に「わんおふ -one off-」のDVDを引き取りに行ってきました。また、前回と同じく友人とも合流するスケジュールを立てつつ、夜間の徳島観光です。

 さて、「わんおふ」のDVDをアニメイト徳島で受け取ってきたのですが、「特典は生産が遅れているので後日取りに来てください」とのお言葉。2巻を受け取るついでに特典も引き取ってきます。
 そして、友人が残業になっていたようなので、それを待っている間に近隣のエロゲーショップに行って、HORIZONT(Artel)/萌えろダウンヒルナイト BLAZE(TOP)を確保。発売から年月が経っていたことと、パッケージに痛みがあったため、2点で1200円以下と言う安さ。
 ……まあ、萌えろダウンヒルナイトBLAZEはともかく、HORIZONTに関しては帰宅してからその理由を知るのですが……。

 アニメイト徳島を楽しみ、続いて南海ブックス1号店&2号店。相変わらずのヲタ濃度の濃さに癒されます。色々雑談をしつつ、時間をある程度潰しながらも、閉店時間が迫ってきたので、ヴィレッジヴァンガードに行き、オサレ濃度とカオスな空間に突入してきました。「ミリタリー風味のティッシュケース」とか色々と珍妙なアイテムがあったりと、オサレ濃度が濃くて自分のようなヲタクには厳しいスポットですが、それでも割と友人とはノリノリで観光してみたり。

 今回は前回ほど長時間は居られなかったので、こんな感じで帰宅したのですが、帰宅してから調べたのはHORIZONTの修正パッチの有無など。気になる結果は……。

・公式サイト消失
・修正パッチはWebArchiveでも見つからず
・メーカー公式スレですら「シナリオとシステムがダメ」「堀損戸」の扱い

 ……ふふふ。想定の範囲内ですよ。なんせ中古980円以下のエロゲーを何本買ってきたと思ってらっしゃるのやら。バグも糞シナリオも全て許容範囲。ちょちょさんの原画が見れるならそれで良し。発生確率100%の強制終了バグとかでもない限りは最後までプレイしてやりましょう。

・長時間プレイしているとメモリ使用率が上昇して強制終了する
・2バイト文字を含むフォルダにインストールするとムービーが再生されない

 ……うん。セフセフ。「そらふね」をパッチ当てずにリルルルート以外クリアした自分ですから。エラーも強制終了も事前セーブ→スキップの繰り返しで強引に突破したりとかやってましたから。
 それに比べれば可愛いはず。恐らく。

 さて、そんなわけで久しぶりの徳島観光でした。……と言っても、月末にはまたわんおふの2巻を回収しに向かうのですが。
 なお、わんおふは明日にでもゆっくり見ます。

「Going to Tokushima act.1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
コメント等小変更のお知らせ (2012/10/19)
ほったからしの日々+ブログを運営していく上での個人的ポリシーだとか (2012/10/12)
更新休止のお知らせ (2012/09/10)

Forza Horizon December IGN Car Pack 収録車種発表

2012-11-28 Wed 07:29:19

 ソース:IGN
http://www.ign.com/articles/2012/11/27/halo-truck-leads-forza-horizon-december-ign-car-pack

 さて、皆さんお待ちかねの12月カーパック!今回は海外の有名なゲーム情報サイト「IGN」とのコラボレーションにより選ばれた7台の車種が収録されます!
 ……まあ、例によってFM4からそのまんま収録される車種もあったり、既存車種のコラボレーションペイントパターンと言う「なんやそれ」な車種もあったりするんですが、とりあえずは収録車種の紹介と行きましょう!


2011 Ford F-150 SVT Raptor Halo Edition


2008 Aston Martin DBS


2012 Ferrari F12berlinetta


2006 Ford GTX1


2006 Hummer H1 Alpha Open Top


1993 McLaren F1


1971 AMC Javelin-AMX


 と、以上7車種になります。Forza Motorsport 4からの復活組が2008 Aston Martin DBS、1993 McLaren F1、1971 AMC Javelin-AMX、若干の仕様変更で収録されるのが2006 Hummer H1 Alpha Open Top、そして新規収録車種が2012 Ferrari F12berlinettaと2006 Ford GTX1となります。
 ……で、「Horizon収録車種のコラボペイント仕様」が2011 Ford F-150 SVT Raptor Halo Editionと。

 「スーパーカー病」にかかってしまい、JDM分少なめなのでそれが補給される事を願っていたのですが、残念ながら今回もスーパーカー中心のラインナップのようで……。
 しかし、話題のFerrari F12berlinettaや、映画「ザ・ロック」を髣髴とさせるHummer H1 Alpha Open Top、そしてSEMA出展のカスタムカー、Ford GTX1と気になる車種があることもまた事実。
 また、例によって「女房犬よりマッスルカー命」な自分にとっては1971 AMC Javelin-AMXの存在も忘れちゃいけません。
AMCと言うメイクスは今では存在しないものの、Gremlin、Pacer、Eagle等、個性的な車ばかり輩出してきたある意味Moparらしい強烈なキャラクター性を持つブランド!
 そしてそのAMCを代表するマッスルカーと言えば、AMX!!
 さて、コロラドの大地でこの異端児はどう暴れまわるのか?
 期待するしかありません。

「Forza Horizon December IGN Car Pack 収録車種発表」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Forza Horizon 2004 Mazda RX-8 Mazdaspeed & 1996 Ferrari F50 GT 収録確定 (2012/09/29)
Forza Horizon 2012 Ultima GTRと1985 Ford RS200 Evolution収録確定+twitterにてキャンペーン開催のお知らせ (2012/08/24)
Forza Horizon ドキュメンタリー #2 Open Road(日本語字幕版) 公開 (2012/10/05)

道は短かった……り。

2012-11-26 Mon 21:33:52

 以前ブログの記事で購入した事を報告した、「GLO・RI・A 〜禁断の血族〜」ですが、実家に眠っていたWin98機に突っ込んでみたところ、あっさり動きました。それこそ今までの苦労なんだったんやねんってレベルで。
 おまけに、「使わないしそれあげるよ」と言う訳で、まさかのメイン機(WinXP)、サブ機(Win98)、そして先日のMac様と3台体制に増えた我が家のPC事情でございます。
 しかもサブ機はノートなので、寒い日は布団に入って寝転がりながらエロゲーをプレイできる素敵な環境!
 ……と言っても、スペックが低い上に拡張性のないモデルなので、プレイできる作品は相当限られるんですが、そこはほら、何故かWin98とかその辺の世代のエロゲーを多数所有する自分。HDDの容量が許す限りは寝転びながら遊べます。

 なのでとりあえず、「ロケットの夏(Tellalunar)」「こみっくパーティ(Leaf)」「誰彼(Leaf)」と適当に突っ込んでおきました。誰彼のみディスクが必要ですが、それ以外はディスクレスで快適に遊べます。……と言っても、ロケ夏もこみパもクリア済みなので強いてプレイする必要が無いと言えば無いんですが……。

 んで、GLO・RI・Aですが、ネットでも評判(?)の即射殺Endを見たりとかベタな事をしつつ、ちびちび攻略しています。……と言っても、正直本音を言っちゃうと、直美だけが好みなので、直美のCGだけ回収できたら終わりかな……とか思いつつ。
 物心付いたときから酒飲んでるうわばみで天上天下唯我独尊、透けてる着物を着てるわ言動も性格も滅茶苦茶だわな16歳のぴっちぴちのジョシコーセー(棒)。色々とツボです。リアルでいたら突っ込みいれてるレベルですが。

 ……とまあ、エロゲー関連のお話はこんな所。
 応援バナーにPeassoft様の「大日本学園戦国記」とPOLARSTAR様の「僕らの頭上<うえ>に星空<そら>は廻る」、そしてAlcot ハニカム様の「あえて無視するキミとの未来〜Relay broadcast〜」、それと以前も当ブログで紹介した、WHITESOFT様の「ギャングスタ・リパブリカ」を追加しましたが、まあ、そんな所です。

 禁止令とかそーゆーのが出たわけでは無いんですが(てかこれでも成人してるので出るわけ無いんですが)、ちょいと当面はある物のために貯金が必須な状況となりまして。今後の新作購入スケジュールにも正直支障が出てくるかな、と言ったところです。一応これでも職探し・バイト探しはやってるんですが、流石に正直暗雲立ち込めてきたかな、という危機感を抱かないこともなく。
 来年には免許の更新とか金のかかる厄介なイベントも待ってるってぇのに、果たして何のために貯金なんぞ始めるのか。それも「エロゲーブログ」と化したこのブログに取っては飯の種とも言えるエロゲーを犠牲にしてまで。

 ……それについては購入後にでも発表しましょうかと。
 まあ、ヒントを言うならば、ここ最近エロゲーとForza以外で「お熱」になっているモノです。ええ、アレ。

「道は短かった……り。」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
流星のアーカディア 到着!……したものの。の続き。 (2012/10/29)
萌えろDownhillNight ~峠最速伝説~ 無料小冊子Vol.1 到着! (2013/02/22)
流星のアーカディア 発売まであと1日+カウントダウンボイス更新! (2012/10/25)

縁は異なもの味なもの?

2012-11-22 Thu 11:41:41



 と、言っても「彼女いない暦=年齢」を地で行く自分にそう言った女性との出会いは無く、今回出会ったのは数年越しの片思いの相手、Mac様でございます。

 話は昨日に遡ります。例によって失業した自分はハロワへ。そこでデザイン会社を紹介され、面接となったのが今日。……実は過去にとある会社で外注のデザイナーとして働いていた経験もあり、そこそこ自信のある面接でした。

 が、所詮は井の中の蛙。プロの目から見ればやはり「素人」の域を出ないとの厳しいお言葉。しかし、プロならではの的確なアドバイスと批評は不快ではなく、むしろいかに自分が未熟だったか、そして足りないものが何であるかを教えてくれたものであり、ある意味「面接」と言うより「授業」のような時間ではありました。

 そして、その面接の最後に社長からのお言葉。「会社で使わなくなった古いMacあるけど、いる?」
 以前からMacに憧れていた自分は即答。そんな訳で、我が家に念願のMac様がやってきた、と言う訳であります。しかもIllustratorインストール済。

 これから自分がデザイナーを本格的に志すのか、そしてなれるのかは分かりません。ただ、こうしてアドバイスと機会をくれた社長には感謝してもしきれません。

 そんな感じで、人生どこで何が起こるか分からないもんだ、と思った11月の終わりなのでした。

「縁は異なもの味なもの?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
更新休止のお知らせ (2012/09/10)
フロム・オタク・ティル・ドーン (2012/11/01)
「楽園」の終焉 (2012/09/30)

ミライセカイのプラネッタ×BALDRSKY "ZERO" 合同キャンペーン開催!

2012-11-17 Sat 08:02:28

 ソース:りぷる公式(http://libre-soft.jp/)

 さて、いよいよ発売も来月となったりぷるの最新作、「ミライセカイのプラネッタ」今作では電脳世界が舞台となりますが、戯画さんの最新作「BALDRSKY "ZERO"」も同じく電脳世界を舞台とした作品という事もあり、この度この2ブランド・2作品のコラボレーションキャンペーンが開催されました!

 「ミライセカイのプラネッタ」公式サイトでは「BALDRSKY "ZERO"」のコラボ壁紙が、そして「BALDRSKY "ZERO"」の公式サイトでは「ミライセカイのプラネッタ」のコラボ壁紙がそれぞれダウンロード可能です。

 これはもう、両サイトを行き来して両方入手してしまうしかないでしょう!

 

 ……と、最近はすっかりエロゲーブログになってしまった当ブログよりお伝えしました。

「ミライセカイのプラネッタ×BALDRSKY "ZERO" 合同キャンペーン開催!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
すみっこソフト第6作、「なつくもゆるる」公式サイト公開! (2012/12/21)
ミライセカイのプラネッタ 特典情報更新+応援とか (2012/09/09)
ミライセカイのプラネッタ 再び発売延期 (2012/12/12)

てにおはっ! 小説版発売決定!

2012-11-17 Sat 07:31:33

 ソース:rootnuko公式(http://rootnuko.jp/)

 さて、今までのrootnuko作品とは色々な意味で方向性を変えた、姉妹ブランドrootnuko+Hの処女作、「てにおはっ!〜女の子だってホントはえっちだよ?〜」ですが、この度パラダイムより小説版が出版される事となりました。公式の紹介文を読んだ感じだと絢美中心となるようですが、果てさてどうなることか。
 ちなみに、と言うか当然のように気になる挿絵はアマクラさん!自分の場合、アマクラさんの絵に惹かれてrootnukoを知ったってくらいのアマクラさんファンですし、この作品に関しては出演声優陣の寄せ書きサイン色紙を貰った事も有り、そういった意味でも押さえておきたいところです。
http://8l4ck5un5h1n3.dtiblog.com/blog-entry-189.html

 さて、そんな小説版「てにおはっ!」ですが、発売日は11月22日。原作をプレイして惹かれた人も、原作未プレイの人も、自分みたいにアマクラさん信者みたいな人も発売日は書店へGO!ですよ!



 ……さて、そろそろ「エロゲーブログ」に看板を変えようかと思ってきた今日この頃。ペイントする時間ないんですよ。あと、Horizonは全車買う前に金使い切りましたし。どうしましょ。

「てにおはっ! 小説版発売決定!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
「yes, your highness」 早期予約キャンペーン詳細発表 (2013/04/21)
「はるまで、くるる。」 ハロウィン限定壁紙公開! (2012/10/12)
流星のアーカディア 体験版配信開始! (2012/09/01)

先は長い

2012-11-16 Fri 21:11:42



 「久しぶりの更新がまたエロゲーかいワレェ!?」と怒られそうですが、実際これしかネタがないのだから仕方がない。そんなわけで、流星のアーカディアもまだ攻略途中だというのに買ってしまったこのゲーム、今は亡きシーズウェアの作品、「GLO・RI・A〜禁断の血族〜」です。
 このゲーム、某画像掲示板で偶然イベントCGを見て以来虜になり、タイトルも分からぬまま海外のエロ画像配布サイトなど色々とグレーゾーンを彷徨いながらタイトルが分かったのが今年の春ごろ。それから買うかどうか悩みながら過ごしてきましたが、駿河屋が電子商品券を1000円分も奮発してくれたので、それを使ってタダで入手。
 ……数年間捜し求めた作品、さあプレイ!……。



 ……「ISO化してみれ」とか「Win95互換試してみれ」等のアドバイスを受けつつ、何度挑戦しても同じ結果、よくて起動後5秒くらいでランタイムエラー吐いて終了です。そこで自分の検索能力を駆使し、当時のシーズウェアスレを発見!結論は「WinXP以降じゃ動かない」との泣けるオチ。
 一応、Virtual PC(MSが配布している無料エミュレータ)上でWin95を動かせるようにすればプレイ可能にはなりますが、その場合日本語版のWin95の起動ディスクが必要になるわけでして。
 そして、我が家のPCにはFDDなんてのも付いていないので、自然と日本語版Win95の起動ディスク(CD-ROM)となるわけです。
 はてさてどうしたものか。とりあえず、今週末には実家に帰省する予定ですので、実家に眠ってるWin98マシンを借り出してきてそれで動くかどうか試してみます。
 ダメならダメで、ヤフオクで地味にWin95のディスクを探す方向で……。

「先は長い」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
「めぐる季節の約束と、つないだその手のぬくもりと」、「のとのと4コマ劇場」更新&新キャラクター公開! (2013/02/25)
「たいせつなきみのために、ぼくにできるいちばんのこと」発売一周年! (2012/10/30)
だんでらいおん最新作、「めぐる季節の約束と、つないだその手のぬくもりと」正式発表! (2012/12/26)

90年代回顧録

2012-11-12 Mon 21:52:09

 話は昨日の徳島モーターショーに遡ります。スズキブースでアンケートに答えたと書きましたが、そのアンケートで「スズキからの連絡を受け取りたいか」とあったので、「カプチーノの安い中古車が出てきたら連絡希望」と書いたのです。半分本気、半分冗談で。
 
 そうしたら、まさかの翌日に「関東のスズキディーラーに1台だけありました!」との連絡が。スズキの営業さんの努力と熱意に頭が下がりつつ、同封されていたカプチーノの情報を見ているうちに、こう、昂ってくる感情のようなものがありまして。「ああもう、一度染まっちゃったら抜けられないな」と車趣味の泥沼にハマった自分を自嘲したりなんかする、そんな一日でした。

 今ではもうなんか、「V8積んで後輪駆動のアメリカ車じゃないと認めねぇ」みたいなキャラになってますが、元々は90年代の走り屋ブーム(頭文字D以前)で育った、根っからの走り系車馬鹿。当時は軽自動車雑誌……名前を出してしまえばK-Car Special誌になりますが、それですら矢田部の最高速やゼロヨンのタイム、そして峠の走り屋にスポットを当てていたものです。そして、当然のように複数あった自動車雑誌。
現在のようにOption系列しか無い、なんて状況ではなく、PandaやYoung Version、CARBOY等、多くの走り屋雑誌が書店に並んでいました。スポコンやHellaflush、ヴェルターゼー、そして痛車に見られるように、改造車雑誌はその時々のトレンドを映す鏡のようなもの。つまり、当時は自分の地元のような田舎でも走り屋仕様の車を腐るほど見かけ、そして毎晩のようにドリフトのスキール音が聞こえてくる、そんな環境で育ちました。
 そんなもんですから、ひよこが初めて見た者を親だと思うのと同じように、自分の中での走り屋・そしてスポーツカーのイメージは未だにこの1990年代から抜け出せずにいます。
 そしてまた、その世界への憧れも。

 流石に現実を考えると公道でのドリフトやバトルだなんて漫画の中だけで十分ですし、あんな車を自分が維持できるのか、と考えると「無難」に落ち着いてしまうこともあります。
 しかし、やっぱりこうして触れていくと、ある意味「封印」してた「そういった世界」への憧れみたいなものが顔を出してくるのもまた事実。「現実」を言い訳に冷めたふりをしていても、結局はその蓋の下で燃え滾ってる炎があるようなもんです。
 初めての愛車は走り屋の車とは呼べるものではなかった上に、車検代すら払えずに廃車にしてしまいました。それからと言うもの、実車とは距離を置きがちな自分ですが、果たして戻れるのでしょうか。そして、次の車はどんな車になっているのでしょうか。

 何と言うか、「余計なことをしちまったなあ」と後悔しながらも、再び蘇ろうとする情熱の火が嬉しくてしょうがないんですよね。もしそのうち、このブログで「カプチーノ買った」なんて内容が書かれた日には、「ああもう負けたんだ」とでも思ってやってください。

「90年代回顧録」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
「マツダ・風籟」英国Topgear Magazine誌の取材中に全焼 (2013/09/11)
急転直下 (2011/07/30)
徳島モーターショーへ行ってきました (2012/11/11)

徳島モーターショーへ行ってきました

2012-11-11 Sun 16:10:27

 11月10日、11日と開催されている徳島モーターショー。……と言っても東京モーターショーのように大規模なものではなく、どちらかと言うと「県内自動車ディーラーの新車展示会」と言った感じのイベントなのですが、年に一度しか開催されない、ある意味徳島在住の車好きにとっては貴重なイベントなので参加してきました。

 入場料を払い、真っ先に向かったのはマツダブース。やはりマツダ党、ぶっちゃけ信者と言ってもいいレベルの人間なので、ここに寄らずしてこのイベントは語れません。展示されていたのはデミオ(スカイアクティブ)、プレマシー、CX-5の3台だけと若干寂しい状況ではありましたが、本命の新型アテンザのカタログは大量にあったので当然のように確保。
 また、マツダディーラーの営業主任さんにとても「濃い」マツダ信者、RE信者の方がいまして、どんな話題を振っても即座に反応し、返してくれるため濃厚なマツダトークを30分ほどさせていただきました。なんせ、元FC乗りで現在はユーノスコスモ(20B)乗り、さらにマツダに入社した動機が「RE車を自分で売りたいから」と言うもう筋金入りのRE信者。海外の自動車サイトで報じられた新型RX-7の事を含め、色々と面白く、また深い話を聞かせてくれました。もうぶっちゃけここだけで入場料払った甲斐があったと言っても言いのですが、他のブースも回ります。
 まずはスバル。展示されていたのはXV、エクシーガ、そしてBRZ。しかし残念ながら、BRZのカタログは(一時的に)切れていたため、XVのカタログのみを回収して次のブース、トヨタに回ることに。ここでは当然ながら、86のカタログをゲット。そしてヴィッツ、オーリス、FJクルーザー、G'zの各種カタログもゲット。G'z仕様の現行マークXとプリウスも展示されていましたが、マークXは純正(?)で19インチを履いているものなのか、と驚かされました。
 続いてホンダ。ここでの目玉はN-Oneとそのモデルとなった名車、N360、そしてホンダの歴史的名車RA273。どちらも写真などでしか見たことが無かったため、実物のインパクトには度肝を抜かれました。特にRA273はエンジンむき出しと言うその荒々しさが一種のオーラを纏っているかのようでもあり、ある種の禍々しささえ感じさせる1台でした。
 三菱ー……はエボのカタログが無かったのでとりあえずミラージュのカタログのみ回収。日産ブースはZ34後期のカタログ目当てで行ったのですが、GT-RとZ34のカタログは既に捌けてしまったようで、こちらも泣く泣く撤退。
 
 ここで少し趣向を変えて地元の工業短大のブースに行ったのですが、ここで展示されていたEVポルシェ、なんと元自分の母校でEV化する予定だった個体。なんでも当時の教師が異動になり、その際に「引き継いでくれ」と譲られたそうで。ある意味(?)5、6年ぶりの「同級生」との再会となりました。人生と言うか、因果と言うか、見えないところで何かが繋がっているんだなと思わされた瞬間でしたね。

 そんな出会いの後は輸入車ブースへ。と言っても置いてあるのはベンツ、BMW、ミニ、VW……要するにドイツ車だらけ。コルベットもマスタングもチャレンジャーもありゃしない。……いやまあ、県内に正規ディーラーがないので仕方ないと言えば仕方ないのですが。せめてBMWブースにZ4でも置いておいてくれれば目の保養にはなったのですが、320iが置いてある程度とやはり残念。
 その後、スバルブースに一度引き返しBRZのカタログを入手し、最後にスズキブースへ。……と言ってもスイスポのカタログを貰って簡単なアンケートに答えただけなのですが……。

 そんな感じで自動車メーカーのブースを一通り回った後は、バイクメーカーのブースへGO!最近バイク熱が高まっている自分ですから、昨年までは無視していたこのコーナーも楽しみでしょうがない。まずは国産車から輸入車まで扱っているショップさんのブースへ。この店は以前ZOOKを購入しようと検討していた店なので、そういった話も交えて店員さんに冗談交じりで「GSX400Xインパルス引っ張って来れます?」と聞いたりしちゃったのはご愛嬌。後、印象に残ったのはDucati Diavelの恐怖すら感じるデカさ。リアが245幅のタイヤ履いてるって、下手なスポーツカー顔負けですがな。しかし、インパクトは強かったものの、値段とサイズがあまりにもビッグすぎて流石にNO!
 その代わり、1台のバイクが自分の心を完全に奪ってしまいました。その名は「カワサキ・KSR110(タイ仕様)」。最近のカワサキ車に見られるエッジの効いたデザイン。どこかKTMを彷彿とさせるオレンジ×ブラックのツートンとモタード風のスタイル。そして何より、自分の体格にベストマッチする足つきの良さ。ぶっちゃけると自分は小柄な体格なので、KSR110のコンパクトさが丁度自分には合っている感じで、軽く跨らせて貰っただけなんですが、非常に気に入りました。「日本仕様ではセル付きになるのではないか」と言う店員さんの言葉もあり、この記事を書いている今でも心を捕らえて離さない、そんなバイクになってます。……過去にも書いたと思うのですが、自分はぶっちゃけ普通免許のオマケで付いてきた原付しかまだ乗れません。しかし、こいつのために中免取ってやろうと思ってしまうほど、本当にいいバイクでした。「カワサキってなんか油臭そうだからヤダ」とほざいていたスズキ信者はどこへ消えたって話ですが。

 とまあ、そんな感じで、車を見に行ったのかバイクを見に行ったのか分からない一日でしたが、非常に楽しめました。……そして、大量のカタログ(約数kg)を吊り下げてたおかげで、若干肘が笑い気味になってます。
 ……明日から本格的に仕事始まるのに、大丈夫なんでしょうか自分。
 でも、新型RX-7にKSR110と、これから「働いて手に入れよう」と思わされるものに出会えたこともまた事実。遊びに使える時間は減ってしまいますが、ここはひとつ、「夢」の為に働いてやろうじゃありませんか!

「徳島モーターショーへ行ってきました」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
90年代回顧録 (2012/11/12)
急転直下 (2011/07/30)
「マツダ・風籟」英国Topgear Magazine誌の取材中に全焼 (2013/09/11)