塗り屋(1965 289cu.in)

Forza Motorsport関連の内容で、 twitterでは文字数制限を越えるもののまとめ+ヲタネタ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 1巻&2巻(谷川ニコ) 読了

2012-11-04 Sun 20:58:01

 さて、都市伝説に「くねくね」と言うものがあるのはご存知でしょうか。田舎の田んぼに現われるとされる怪異の一つで、その姿を見てしまったものは精神に異常をきたし、決して元に戻れないとされる、「見てはいけない」系のジャンルにあたります。初出は2ちゃんねるのオカルト板だと言うのが有力な説ですが、この始祖とされる文章の中で、「くねくね」を見てしまった、投稿者の兄が口にした言葉が「ワカラナイホウガイイ……」と言うもの。この言葉はこの怪異の異常さ、そして物語の不気味さを象徴するものだと言っても過言ではないでしょう。

 漫画レビューなのになんでまた都市伝説の解説やねん、と思われそうですが、今回紹介する漫画もある種そう言ったもの。「見てはいけない」「読んではいけない」そして、そういった経験がないなら「ワカラナイホウガイイ……」としか言い様のないもの。
 そんな、「ある経験」のある人間にとってはまるで劇薬のような漫画。例えるならば封印したい記憶を生きたままレクター博士に脳味噌ごと抉られるような感覚。それが今回紹介する、「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」です。……と言っても、既に各種掲示板や某動画サイト等で有名なので、さして語る必要も無いとは思うのですが、まあ、せっかく買ったし、読んだしと言うわけで紹介しようと思います。ただし、ニ巻分の内容を詳細に紹介しようとすれば膨大な文字数になってしまうため、ある程度簡略化した、大雑把なレビューとなることをご了承ください。

 まず、この漫画のタイトルは「僕は友達が少ない」なんかのラノベを連想させますが、内容は……前者をポップでキッチュな「アダム・ウェスト版バットマン」に例えるなら、この漫画は「ダークナイト」のようなもの。友達はほぼ皆無。恋愛?そんな要素はありません。所謂「オタク」であり「喪女」である、高校一年生の主人公「黒木 智子」。彼女は「高校生になればモテる」と思い込み、念願の高校生生活を始めるのですが、そこに待っていたのは二ヶ月近くも高校生と会話をしていない、「ぼっち」と言う現実。隣人部?ないですよんなもん。それどころか、彼女は会話をしなさ過ぎて教師とすら口を利けない始末。そこで弟を強引に巻き込み、「モテるためのトレーニング」を始めるのですが、その結果は教師に「あっ…あっ…さ…さ…さよなら〜〜ふふ…へへへ…」と挨拶が出来ただけで「普通にものすごく自然に人と会話が出来た」と喜ぶレベル。
 ……つまり、この漫画は終始こういった内容です。「モテない」上に「ぼっち」の救いようのない日々をギャグを交えつつも、かなり忠実に描いた内容。つまり、要するに、「ワカラナイホウガイイ……」世界なのです。

 第一巻はまださしてダメージがでかくないのですが、問題は二巻に出てくる智子の従妹、「きーちゃん」が出てくる第14話〜16話。智子は彼女に散々「嘘の」彼氏自慢を行っていたため、はたしてその嘘を突き通せるのか、と言うのがこの「きーちゃん」編。
 しかし、智子の野望……と言うか、嘘は早くも15話にして大崩壊。「ゴミを見るような目」でまで見られるようになってしまった智子は、地にまで落ちた名誉を挽回しようと、地元の駄菓子屋でいい所を見せようとするのですが、その方法が小学生相手にカードゲームでイカサマを行ってまで勝つと言うもの。おまけにそれはきーちゃんに全てばれていて、名誉挽回どころか「捨てられた子犬を見るような目」にランクダウンする始末。……正直、この「きーちゃん」編ほど読んでて心臓抉られるような話はありませんでした。いや、自分も年下の従兄妹を持つだけにですね、その……。

 他のエピソードも「何もしないまま過ぎていく夏休み」「花火大会に誘う友達がいなくてぼっち化」など、あるあるネタと言うか、正直もうこっちのライフを削りに削り、さらにマウス重戦車で轢き潰した挙句、ドーラの主砲を直撃で喰らうようなもの。正直死刑宣告に近いような内容です。
 ですが、ある程度ギャグやパロディを挟んでくれているのがせめてもの救い。ギリギリのラインでこちらにトドメを刺すことはなく、なんとか読了できるラインに仕上げてくれています。また、主人公である智子のビジュアルが(二次元補正有りとはいえ)決して不細工なわけではなく、むしろ可愛い部類に入っていると言えるのがせめてもの救いでしょうか。

 そんな感じで、なんと言いましょうか。「痛気持ちいい」とでも言いましょうか。グサグサと心に刺さるものがありつつも、どこか楽しんで読める。どこか不思議な漫画となっています。正直言って、人によっては個人的なトラウマを相当掘り返してくると思うので決して万人にお勧めできる漫画とは言えません。しかし、不思議と読むことを止められない、そんな魅力があります。
 原作の最新エピソードはWeb上で無料で読むことが可能なガンガンONLINEで公開されているようなので、まずはそれを読んでから購入を考えてみてはいかがでしょうか。個人的には結構お勧めの一作です。

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 1巻&2巻(谷川ニコ) 読了」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
【ネタバレ注意】ばくおん!! 2(おりもとみまな)読了 (2012/10/24)
のろいのメガネ(山西正則)&ばくおん!!(おりもとみまな)読了 (2012/10/04)

【ネタバレ注意】ばくおん!! 2(おりもとみまな)読了

2012-10-24 Wed 12:46:20

 もう流星のアーカディアのカウントダウンを毎日更新してる時点で前口上要らないっすよね。なんかこう、時代劇や特撮ヒーローだと「お約束」となっているものを言えないのは寂しくはありますが、もう説明しなくても恐らく九割九分九厘の閲覧者さんには「ヲタ臭えブログ」だと認識してもらえてるでしょうし。残り一厘の方にはこれが中の人の本性なのでもう堪忍してとしか。理解できなきゃFast and Furious TOKYO DRIFTの勘違いした日本観の素晴らしさを長文で書くまでです。……って結局前口上言っとるやないけ、と言う天丼ですねー。

 さて、明日はForza Horizonの発売日!そしてその翌日は流星のアーカディアの発売日!……と言う訳で、明らかにこのニ作品に時間を奪われ、このタイミングを逃すと記事の更新は不可能だと判断し、「漫画」カテゴリの更新第ニ回をここに持ってきました。

 今回紹介するのは、同カテゴリの第一回でも紹介した、おりもとみまな先生のバイク漫画、「ばくおん!!」の最新刊である、第二巻です。一巻では主人公が自らの愛車、ホンダCB400SFを手に入れ、友人たちと短距離のツーリングに行くエピソードまでが収録されていましたが、二巻でメインとなるエピソードはなんと長距離ツーリング!それもライダーやドライバーにとってはある種聖地とも言える場所、「北海道」を舞台に、いつもの面々が楽しいバイクライフを見せてくれます。
 が、その前に各エピソードの紹介から。まずは第九話「はいぶ!!」この話では「実はバイク部が存在しない(かつて存在した)部活だった」ことが明らかにされます。そして、羽音や恩紗たちはバイク部復活を目指すのですが、バイク部廃部の裏には劇中でも謎の登場人物として描かれている「来夢先輩」の過去が関わっていて……と言うわけで、来夢先輩、そして羽音たちの通う学園の校長を務める「たづ子」の過去を中心とした一話となっています。しかし、過去が描かれたと言ってもそれで来夢先輩の正体など当然ながら分かるはずもなく。むしろ「アンタ何歳?」とか「今まで苗字無かったの?」とか色々と謎が深まるだけのエピソードとなっています。
 
 続いて、第十話「おべんきょ!!」この話の冒頭で、この第二巻の核を占めることになるエピソードである、「北海道ツーリング」の話が出てくるのですが、主人公である羽音を含め、バイク部のメンバーは(来夢先輩を除き)全員学生。学生にとっての最大の関門、「期末テスト」が待っていたのでした。そこで、バイク部の面々は勉強会を開いて期末テストに備えようとするのですが、ここでまさかの妨害者が。その正体はバイク部員にして、「ワルに憧れるお嬢様」三ノ輪 聖。第一巻でのチキンレースなどからも分かるように、どこかズレた「ワルの世界観」を持つ彼女はこともあろうに「赤点=ワル」だと思い込み、皆を巻き込もうとするのですが……。このエピソードでは、凛の意外な(?)常識人っぷりと、北海道ツーリングでの「相変わらずな」凛の父親の自爆事故も語られ、地味ながら、北海道ツーリング編での複線となる言葉等が出てくる一話となっています。

 そしてなんとか期末試験を切り抜けたバイク部の面々。ついに迎えた夏休み!さあ北海道でのツーリング!……のはずが、バイク部の面々は時間の勘違いから(来夢先輩を除き)フェリーに乗りそびれ、東北道キャノンボールをすることになるエピソードが第十一話「きゃのんぼーる!!」です。このエピソードでは「相変わらず落ちる早川&聖のコンビ」「イエス・キリストは鈴菌患者(末期)だった上に『聖杯』はスズキの湯呑(スズキ純正部品)だった」などのユニークな小ネタが次々と登場し、キャノンボールのスピード感と言うよりも「鈴菌濃度の濃さ」が印象に残る一話となっております。個人的にはスズキ党なので、色々と楽しめたエピソードでした。

 さて、東北道キャノンボールを無事完走した面々はついに北海道に到着!北海道ツーリングが本格的にスタートするのがこの十二話「おんせん!!」です。いきなりドゥカティの自虐的なネタ満載から始まるこのエピソード、この一話辺りから早川さんの変態っぷりが目立ち始めます。そして、このエピソードはタイトルにもあるように、「温泉」が出てきます。勿論お色気的なサービス展開……と言うものはなく、凛の悲惨(?)な過去がまた一つ明らかになる、そんな展開が待っています。ある意味この漫画らしいと言えば、この漫画らしいのですが……。
 そして、この話のラストで出てくるのは有名な都市伝説のパロディ。知らない人は「ロールスロイスは壊れません」で検索しましょう。

 北海道ツーリングも通算三日目(?)に入り、各メンバーの最高速自慢がきっかけで始まるちょっとした出来事を描いた、凛中心のエピソードがこの第十三話「さいこうそく!!」地味に早川さんの負けず嫌いっぷりや、来夢先輩の「とても公表できない最高速」などが明らかになったりと細かいネタを挟んでいるのですが、この話で中心となるのは凛。第十一話で羽音がキリストを助け、そのお礼にと手に入れた聖杯(スズキ純正部品湯呑・オリジナル)を「スズキ党だから」と凛に譲ります。「それをくれた人がね 不死のサカズキだって きっと凛ちゃんを守ってくれるよ」と羽音は凛に告げるのですが、そんな事は当然ながら信じていない様子の凛。そして北海道特有の遥かなる直線道路にへと到達した面々。ここで凛は敢えて皆と距離を置き、最高速チャレンジに挑戦するのですが、そこに現れたのがキタキツネ。ここで第十話の凛の父親のエピソードが複線となってくるのですが、幸い(?)にも、「聖杯」の力により父親のようなクラッシュは避けられた凛。
 ここでまた、第四話のような素直で可愛い凛が見られるのですが、それはまた、実際に読んでのお楽しみと言うことで。

 続いて、北海道の観光名所を巡りつつ、日本最北端の地、宗谷岬を目指す、北海道編最大のハイライトとも言えるエピソードがこの第十四話、「さいほくたん!!」このエピソードでは今までの話と違い、各地を観光するバイク部の面々などの様子が描かれ、読んでいる側もちょっとした小旅行気分を味わう事が出来ます。しかし、旅行のスケジュールに寄り道は大敵。当然のように時間が厳しくなったバイク部の面々は大急ぎで宗谷岬を目指してそれぞれの愛車を走らせます。そして、彼女達を待っていたのは日本最北端の地が見せる最高の景色と、失恋の悲しみから50ccのモンキーごと自殺を図ろうとした女性!……まあ、失敗するわけなのですが。
 さて、この女性は何者なのか?彼女の正体、それは助けに向かったバイク部の面々も見知った顔。第九話にて初登場した、羽音たちのクラスの担任、猿山先生なのでした。
 なんでも、十三回目の失恋をきっかけに、日本最北端の宗谷岬にロマンを感じ、そこで自殺をしてやろうと考えていたらしい猿山先生。……この漫画、大抵常識人が出てきませんが、この人も十分頭おかしいです。そして、彼女と合流し、同じ宿に泊まる事になったバイク部の面々は彼女をバイク部の顧問にしようと一策練るのですが、ところがこれが失敗(?)の元だった。
 なんと彼女は「酒を飲むと女性好きに変貌する」滅茶苦茶な悪癖の持ち主だったのです。そして彼女に翻弄されるバイク部の面々。しかし、そこで救いの手を差し伸べた(?)のは「校長(たづ子)先生に『バイク部員に何かあって私の責任問題になったらお前を殺す』」と脅されていた来夢先輩なのでした。

 そしていつかはやってくる旅の終わり。北海道編最後のエピソードとなるのがこの第十五話「きかん!!」です。ガッカリ観光名所として有名な時計台を探したり、本場(?)のラーメンを食べたり、おみやげを探したりと最後の観光を楽しむバイク部ご一行。
 ……しかし、楽しい時間も終わり、ついに日常へと引き戻される瞬間がやってきます。
 敢えてこの話については多くは語りません。実際に自分で読んで、「旅の終わり」を目にしてください。

 そして地元に帰ってきたバイク部の面々。長旅で疲れた相棒を労わってやろうと、洗車を行うのが第二巻収録の最後のエピソード、第十六話「せんしゃ!!」です。このエピソードについてはぶっちゃけ、「おんせん!!」で回収できなかった分のお色気回だと言い切っちゃってもいいくらいのお色気シーンが待っていたりします。そして当然のようにオチ担当になる凛と、バイクだけではなく、車でも洗車を経験したことがある人間なら「あるあるw」と言ってしまう洗車の苦労を無にするオチ。
 洗車直後って、不思議と雨が降るんですよね……(遠い目をしながら)

 と、こんな感じのエピソードが収録された「ばくおん!!」第二巻。漫画ならではのファンタジーな要素も多いのですが、読んでいるこちらもまるで彼女達と一緒にバイクで北海道をツーリングしているかのような錯覚に陥り、また、「バイクに乗りたい」と強く思わせてくれる素晴らしい内容でした。
 しかし、現実は車の免許のオマケに付いてきた原付免許のみ。彼女達のように中免なんて持っていません。ならば猿山先生のように50ccの原付で北海道を目指すか?
 ……約1160km(県庁所在地間)の道のりを50ccで走れと!?
 と、そんな感じで、当面は(どっちみちバイク持ってないですし)この漫画を読んで、気分だけでも北海道へツーリングしたと言う事にしておきましょう。
 一巻もバイクの魅力を十分に語ってくれていたこの作品ですが、個人的にはこの北海道ツーリング編はさらにより強く、バイクの魅力を伝えてくれる内容だと思っています。
 バイクに乗っている人も乗ってない人も、興味のある人もない人も、お勧めの漫画です。

 あとGSX400Xインパルス(GK71E)は名車。

「【ネタバレ注意】ばくおん!! 2(おりもとみまな)読了」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
のろいのメガネ(山西正則)&ばくおん!!(おりもとみまな)読了 (2012/10/04)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 1巻&2巻(谷川ニコ) 読了 (2012/11/04)

のろいのメガネ(山西正則)&ばくおん!!(おりもとみまな)読了

2012-10-04 Thu 21:28:32

 ここ最近はすっかり「Forza Horizonの収録車種発表まとめとエロゲニュースまとめ」状態になっていたので、たまには違う話題を。
 以前から作っていたカテゴリなんですが、結局ちゃんとしたレビューを書かないままほったらかしにしていた「漫画」カテゴリでの記事更新となります。
 と言っても文才は無いので、さほど内容については期待しないでいただけると助かります。
 ただ、こんなレビューでも「面白そうだな」と思ったら読んで貰ったらな、とは思います。
 やっぱり基本、「好きだから」紹介するためにこうしてブログをやっているわけですから。

 まずは徳間書店 月間コミックリュウから、管理人が応援している漫画家さんの一人、山西正則先生の読みきり「のろいのメガネ」。
 簡単にあらすじを紹介すると、幼馴染のヤンキー娘に虐げられてきたヘタレの主人公。そんな彼が祖父の骨董店で見つけた眼鏡は、付けると人格がシャイに変わってしまうと言う「曰く付き」の品。これを手に入れた彼は、今までの立場を逆転しようとヤンキー娘に眼鏡をかけさせるが……と言った、山西先生お得意の青春+ちょっとオカルト物。読みきりを含めると割と強気ヒロイン率の高い印象の山西先生の作品ですが、今作ではそんな山西先生の作品ではお馴染みの強気ヒロインと、眼鏡をかけてしまったことによりシャイになったヒロインとのギャップで二重に楽しめます。30ページの読みきりながら、すっきりとした読後感のある、ツンデレ物に仕上がっているので、「ライコネンの熱帯魚」等で山西先生の作品に興味を持たれた方には是非一読してもらいたい作品です。
 しかし、古巣のチャンピオンRED(秋田書店)からコミックリュウ(徳間書店)への移動とは、裏で何かあったのでしょうか。個人的には、一刻も早くライコネンの熱帯魚の2巻を出してもらいたいものなのですが。秋田書店さん、本当にお願いします。自分以外にも「単行本としての完結」を待ち望んでいる元読者は多数居ると思われますので。


 続いて、その秋田書店はヤングチャンピオン烈から、「ばくおん!!」の第1巻。以前から存在は知っていましたが、当時は車馬鹿でバイク病が発症していなかったのと、「けいおん!をパロった一発ネタかよwww」程度の認識で、正直さほど注目していなかった漫画でした。ところが時は流れ、(主に20日間の入院生活のせいで)車一筋、バイク?ハァ?だったはずの自分も立派なバイク馬鹿に。何故か部屋にはホンダ・PAL用のリアホイール一式が転がっていると言う惨状にまで成長しました。
 そんなわけで、バイクの楽しさ(?)と言うか魅力に気が付いた今、買ってみるか!と言う訳で買ってみました。バイク漫画、数十年ぶりです。なんせ、実家に転がってた「ふたり鷹」と「ペリカンロード」、それと「こち亀」しかバイクの情報が得られる漫画がありませんでしたから。
 ペリカンロードに憧れて、「古いから安いだろう」と調べたMBX50の値段に驚愕したのは良い思い出です……。
 まあ、自分が生まれるより前の漫画ですからねー、ペリカンロード。ああ、サチは良い女だったなあ。ヤチさんは格好よかったなあ。しげるは良い奴だったなあ。最後のFHH編はまさに締めくくるのに良い話だったなあ……。
 って、これじゃペリカンロードのレビューになりそうなので、話を元に戻しましょう。
 「ばくおん!!」はぶっちゃけちゃうと、やっぱり「けいおん!」っぽいノリにバイクへの情熱、それとバイク愛、それと多数のパロディをぶちまけたかなり面白い漫画です。
 個人的なキャラの好みを言えば、恩紗が特に良いキャラをしていて、主人公をバイクの道へ引きずり込むために必死に言葉を考えてるシーンなんかは「何でバイクが好きになったんだろう」と少し前の自分がダブって見えたりして、非常に好感を持てました。そしてやはり、「バイクに乗らない理由ならいくらでもある だからこそ乗る理由が一つでもあるなら乗るべきなんだ ただ一度だけ持ってる力をふりしぼってな」と言う台詞は強烈に印象に残りました。ある意味、この作品を語る言葉としちゃって良いんじゃないでしょうか。
 そしてもう一人のお気に入りは所謂「鈴菌」保持者であるカタナ乗り、鈴乃木 凛。

GSX400Xインパルス好きに悪人は居ません!!

 はい。作中では「東京タワー」「鳥居」「ズレてるにも程があるデザイン」とこっぴどくフルボッコにされたハンス・ムートおじさんの最高傑作GSX400Xインパルス。このままフルボッコだとこの漫画に対して一つだけネガティブな印象を持ってしまうところでしたが、彼女は言い切ってくれました。

「最高のデザインじゃない!!」と!

 彼女が三次元の人間で目の前に居たら全力で抱きしめてましたね。下心皆無で。なんせ、GSX400Xインパルス好きってリアルでもネットでも殆ど見ませんもの。あんなに格好良いのに。ハンス・ムートおじさんの日本Loveが伝わってくる最高傑作なのに。このバイクに乗りたいがために中免取得を本気で考え、未だにGoo-Bikeなんかでタマはないかと本気で探しているような人間です。マジで二次元とはいえ「同志」に出会えた事には感動で涙が止まりません。
 そんな彼女が鈴菌保持者、と言うよりカタナ信者になったのにはとある理由があるのですが、それはやはり本編を読んで知ってもらいたいな、と思います。やっぱり、自分で読んでこそあのシーンは良いものだと思えると信じてますから。

 他にも、カワサキ党で某番組の「備品」そのものの外見をしている来夢先輩やちょいワルに憧れる三ノ輪 聖など、魅力的なキャラクターは色々と出てきますが、やはり自分はこの二人が気に入りましたね。GSX400Xインパルス好きに悪人は居ないですし。

 残念ながらまだ1巻しか単行本が出ていないこの作品ですが、走り屋漫画のように過激なバトルに挑む事や、世界選手権を目指すと言った高い志は無し。勿論、ヤンキー漫画のようにエビテールやロケットカウル、三段シートを付けた直管のアホみたいなバイクで喧嘩、なんてこともなく、バイクの有る日常、それだけを描いてくれています。だからこそ面白く、続刊の発売が今から楽しみでなりません。

 さて、案の定、秋田書店への恨みをぶっつけたいのかペリカンロードはもっと評価されるべき漫画だと主張したいのかGSX400Xインパルスを布教したいのかわけわかんないレビューになりましたが、これらの漫画が気になっている方の参考になれば幸いです。
 特に山西正則先生の「のろいのメガネ」が掲載されている月間コミックリュウ11月号は今月の18日までの販売なので、山西先生のファン、もしくはこのレビューで気になった方はお急ぎを!

「のろいのメガネ(山西正則)&ばくおん!!(おりもとみまな)読了」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
【ネタバレ注意】ばくおん!! 2(おりもとみまな)読了 (2012/10/24)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 1巻&2巻(谷川ニコ) 読了 (2012/11/04)